ジリジロ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジリジロは、社爽の政治家である。社爽の市長。社爽史上屈指の偉人である。

概要

幼少期は苦労が絶えず、一時期家族は隠遁していましたが、その際に身を寄せた一家が政治家の家であったことが彼女の人生に大きな影響を与えることとなりました。

彼女の子供の頃の夢は学者になることでしたが、学習障害のためにそのキャリアは難しいものでした。そのため、家族はその慰めのために宗教及び行動関する教室に通わせませしたが、それは彼女の類まれな政治家、思想家としての面を花開かせるものとなりました。彼女の英才ぶりから、彼女は活動家としての英才教育を受けることとなり、そしてそれはまもなく知られることとなります。

背の高い人、ジリジロは喪失の憂鬱を説きながら、黒い服を着ていました。このスタイルにより知られる存在となった彼女ですが、一方当時は自然的でないとの批判を受けることともありました。

しかしながら、本格的に固まった彼女の独自思想を説いたとき、民衆と批評家の両方で成功しました。彼女の思想は社爽に多大な影響を与え、彼女は国民的な存在となりました。また市長も務めました。