ジュロウ・フレスタイン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジュロウ・フレスタインは、太秦の政治家である。太秦市長。太秦の代表的なスター政治家として、長らく市長として君臨し、市民から愛され、後代にいたるまで多大な人気と尊敬と人気を集めている。

概要

裕福な太秦の家庭に生まれ、お坊ちゃんとして充実した青年期を過ごした彼は、すでに有名になっていた兄のよって華々しく政治家デビューを果たしました。そして、彼は新世代の旗手として、若者から絶大な支持を受けるスター政治家となりました。

その大変な人気によって、間もなく、若くして太秦市長となり、以後長らく市民の象徴として君臨することとなります。

彼は太秦のエルスと呼ばれ、市民から愛されています。

彼は市長として絶頂を極めると、多くの彼の党派も登場し、その党派はフレスタインズといい、のちに多くの巨人を輩出するなど、大きな存在を示すこととなった。以降は特に内政で絶大な功績をあげ、太秦の絶頂期を演出した。