ジュレー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジュレーは、是宝の宗教指導者、実業家である。衆合派の代表格である「大河」の中心人物として台頭し、「大河」から離脱すると、是宝ひいては狛子地方の最大の人物として絶大な影響力を発揮した。論教を出発点としつつ、経済と濃く結びついたことで是宝のあり方を決定づけた是宝屈指の偉人である。

概要

父親は若い頃、太秦で政治家を目指しており、ジュレーの社会感覚は親譲りであった。兄妹がいる次男である。その後盟友となるサリ・ワントックと交友し、是宝初期の論教を代表する一派、衆合派の一団体「大河」としての活動を開始することとなる。その後紆余曲折ありつつ「大河」として活動を開始する。「大河」は瞬く間に是宝を席巻し、衆合派ムーブメントの中心となる。

「大河」の解散後、より純粋な論教を思想を志向した「不太」で活動を経て、独立して活動を開始した。

独立後、当初は順風満帆ではなかったが、活動が実を結び宗教と経済を結び付けた「デイジー・ダブル」でその地位を確固たるものとした。以降は、是宝最大の人物として常にその中心に君臨した。論教を母体としながら、是宝の経済圏を形成していき、是宝が宗教・企業複合都市となる礎を築いた。