ジャングオ・エクテンド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジャングオ・エクテンドとは、セカンドのイノベーター。もともと、証券会社の社員という立場でありながら、多くの開発の成功と、積極的に事業に参加する姿勢において、ザ・シーにおいて支配的な開発設計・構想者として数多くの事績を手がけることとなり、絶大な存在感を示した。

概要

エリートとして、星系屈指の名門学術機関で経済学を先行し、ザ・シーの証券会社に就職した。就職後最初の成功として、「ニムラール」があり、投資家の立場ながら、積極的に事業に参加した。そして、ザ・シー史上屈指の成功となる「ゴールドワン・クラス」を始める。こちらは当初開発設計・構想者として、スゴク・サンスリロがおり、成功したが、開発の構想はエクテンドが主に行っていたためか、サンスリロは職を離れ、エクテンドが開発設計者も兼ねるようになった。

以降は、証券会社の社員という立場でありなら開発設計・構想者として広く事業を行い、多くの成功を収めた。そして数年後に開発設計・構想者の専業として成功させた。

証券会社の一社員でありながら、その時点でザ・シーにおいて支配的な存在となったおり、どの開発者・技術者よりも大きな影響力を持っていた。また、彼自身の投資家としてのポジションからほかの多くのザ・シーにおける事業にも多く参加し、またそのどれをも成功させており、異常な有能さを見せつける人物であった。