ジェムス・ハントノ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジェムス・ハントノは、の政治家である。縫を代表する偉大な政治家の一人。彼の有名な声明「地界の人外」は縫、ひいては炎天史上でも屈指の重要なファクターである。

概要

5歳のときに妻が亡くなった家具職人の息子であるハントノは、政治評論家としてのキャリアを開始し、活動する傍ら、議員秘書としての活動をした。

25歳までに。彼はすでにいくつかの政治論文を記していました。 彼はこのあと、令崇で働くための招待を受け入れました。そしてそこで、アナーキストであり、経済学者のメマ・ネクカーテンとのコラボレーションの成功の始まりを示しました。この協力関係は12年以上続き、その間にハントノとネクカーテンは最も記憶に残る政治的事績「地界の人外」を作成しました。一緒に、彼らは宿命論的な悲劇の史的現実の動きに関与していました。

「地界の人外」はいまなお縫史上もっとも偉大な事跡と評されるほどのものです。