ショーメイ・ショーサン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ショーメイ・ショーサンは、十二国時代のハン国の軍師、政治家。十二国時代のハンにおいて、ミノ・ヴィレルマンと並ぶハンの大軍師であり、ヴィレルマン登場以前はハンでも最大の人物であったが、そのヴィレルマンとの対立もあってハンを離れオーリーンに移ったが、そこでも大きな足跡を残した。彼は寸分の狂いもなく自身の狙い通りに策や戦略を運ぶことで有名で、その知能は”精密機械”と称された。十二国の十二謀の一人。

概要

貧農の出身であったが、その類まれな知能からハン国内でのし上がることとなる。そういった出自や、その切れ者としてのイメージに反して、普段は非常におっとりとした人物であり、ここぞというときに鋭い切れ者の姿を垣間見せるので周囲はそのギャップに面食らったという。

軍師となってからは押しも押されぬハンの大軍師として活躍したが、自身に匹敵する才をもったミノ・ヴィレルマンが登場すると両雄並び立つ状態となる。両者がかみ合っていた時期のハンは強力なポテンシャルを秘めていたとされるが、以降は対立が目立ち、ショーサンはハンを離れることとなった。