ショウブク・ルキツラ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ショウブク・ルキツラは、帝国時代末期、帝国後継時代の軍人。帝国時代末期の反乱の指導者の一人である。トゥーンティ・スタフィと並ぶ帝国末期のルーの反乱軍の指導者で、特にウォーリー朝建国の際には、ハンとの戦線において大きな役割を果たし、その成立に大きく貢献した。

概要

出身はハンの庶民とされる。帝国末期の混乱に乗じ、もっとも勢力の大きかったルー国の反乱軍に身を投じた。1000局打開のルキツラと呼ばれ、その鋭い頭脳で次々と状況を打開する策謀を見出す有能な人物であった。着実に反乱軍にて成り上がっていき、トゥーンティ・スタフィと並ぶ有力者となった。

反乱軍としては、帝国崩壊後は主にハンとの戦いにおいて大きな役割をこなし、その働きによってウォーリー朝が建国されるうえで多きく貢献することとなった。