シュン・センタビレ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

シュン・センタビレとは、カーサ共和国の軍人、政治家。カーサ史上屈指の権謀家であり、史上最年少で首相となり、また海洋国家となったカーサにおいて、海外で顕著な功績をあげた人物の一人。

概要

若い頃より天才であり、ディ・ナキータが海外に拠点を移して以降はカーサ国内で最大の実力者になり、史上最年少で首相を務めることとなる。首相としての功績はそれなりであったが、以降は海外進出を本格化させる。

彼の特筆すべきはテレシプスコセルワザでの功績であり、セルワザではカーサ人としてだけでなく外国人としても史上屈指の実力者となるなど大きな存在になった。セルワザでの功績はカーサ人の世界展開の端緒となるようなものであった。

王権とセンタビレ

センタビレは王権に関しては極めて不遇であることでも知られている。カーサ時代、最高の実力者であり、王選、カーサ代表の最有力候補であったにも関わらず、代表から外され社会に少なからず衝撃を与えた。また、セルワザ時代も実績抜群で、このときは代表には選ばれ、また最有力でありながら、全く期待に応えらえず多くの批判を浴びた。最後の王選でも最も名の知れた存在であり、当初有力候補だったが、若い世代の台頭により脇役に追いやられた。