シュウコウ・バブルーノ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

シュウコウ・バブルーノは、帝間期のノヴァールの軍人、革命家。第一次シン朝を打倒したバハールの正軍師として活躍した人物である。

概要

学生時代から英才であり、バハールでは期待されて仕官となった。出身自体はマハであり、バブルーノは「バハールとはどこですか」と聞いたという。若い頃から負けん気は強く、模擬戦で敗れると血まみれになるまで壁に頭をぶつけていた。

若い頃から、ハイティアコウコウ・ウェスケープとは熾烈なライバル関係にあった。

シン朝打倒の最大勢力となったバハールにおいて若いながら正軍師として八面六臂の活躍をした。将軍であるレル・ヨリアリーを擁し、強力な軍事力を持ったバハールにおいて、軍師として多くの献策を行い貢献を果たした。