サーブ・ノスラン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サーブ・ノスランは、花宴の実業家、宗教指導者である。花宴史上屈指の巨人の一人であり、長きにわたって君臨し、その影響力はラク・ミクに匹敵、またそれをしのぐともいわれる。

概要

17歳で高校を中退後、立身のため花宴へ渡る。その後は貧乏な生活をしながら、地道に立身の道を目指していく。この頃にノスランが当時下宿していたアパートの大家の娘と結婚。ノスランが企業する数年前のものだった。式に出席したのは両家合わせて21人だけだった。ノスランは定収がなく、妻の両親から結婚を反対されたと後に語っている。

下働きしていた、ある日羽振りの良い客がノスランの経営構想を聞いてくれた。礼を言うと翌日に喫茶店に呼び出された。その相手はノスランの評判を聞きつけた投資会社の部長で、この時、喫茶店で引き合わされたのが経済家のティル・シプーだった。この時の事を振り返りノスランは「こういうちょっとした出会いなんだけど、僅かな出会いが人生で物凄い出会いになってくる」と語っている。これを契機にシプー門下となり、研鑽の日々となる。

そのノスランらの支援を経て起業し、まもなく大きな成功をすることとなる。

彼は他の花宴の偉人たちのよういに爆発的な社会現象をおこした人物たちとは違い、着実に、地道に勢力を伸ばしていったタイプで、またその長命もあり、花宴の大御所として君臨した。