サヴォ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サヴォは、八頭の政治家、宗教指導者である。八頭の三大女傑の一人として知られ、八頭ならびに振揺教の歴史上屈指の偉人である。

概要

とある歴史家は、彼女が「歴史上最も不思議な声明」を持っていたと書いています。これは彼女の独自の政治思想に関しいわれたことです。

彼女の思想には翼がありました。生活には「甘美さ」と緊張感、規律を重視し、ニュアンスをもって、日々の太さ、殴られた道から急上昇すること(平穏よりも非日常を重視)。彼女の思想は無限の柔軟性の筋肉を持って(身体的強靭さの賛美)、それによる彼女の武装解除はすべてもっと皮肉なこと(反語的な平和思想)です。

来歴

当時としては珍しく比較的裕福な家庭で生まれ、学問ほか恵まれた環境に育ちました。教養もあり、何より天性の知性があり、彼女の成功は早いものでした。彼女の全盛期はそのため、早い段階で訪れ、またそれは八頭の全盛期とも重なりました。

その後は他の都市との交流、関係性を深めました。これらは当時はさほど影響を与えず、また融和的と批判もされましたが、後代では大きな影響を与えるものとなりました。