サリュ・リバストン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サリュ・リバストンは、花宴の実業家、宗教指導者である。花宴史上屈指の巨人の一人。

概要

愛流出身であり、当時から天才的な知性をもっており、多くの注目を集めていた。一方、家庭は決して裕福ではなく、少女期から学費は自分でも工面していた。

その後有名大学に進学し、将来を嘱望されたが、その才覚の一方、同時期に華の三神童に陰に隠れてしまったせいで、大きな成功を得るに至らなかった。若年で成功しなかったことや、上記の同世代との差が開いたことで深い挫折と劣等感に苛まれたが、の不安を払拭するように各地を遊学し、知性に深みを持たせるためにさまざまな分野を貪欲に学んだ。

結果、花宴より客人として招かれると花宴教に改宗し、最初の声明「カルキョウトウ」は歴史的なものとなり、大成功を収めることとなる。

その後は、花宴の重鎮として長らく君臨することなった。さらに後年「レイン・ヒア」を発表するとこちらも歴史的なものとなった。

「カルキョウトウ」「レイン・ヒア」はともに花宴を象徴する記念碑的なものとして後代においても海外においても広く知られている。