サマー・アカーシャ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サマー・アカーシャは、來和の軍人、政治家、革命家である。來和の初代事務局長。また、自治政府長官、評議会議長なども三職兼任なども含め歴任した。”來和の怪物””來和の神”と称され、チャルケタ・ヴィトとともに來和の三巨頭として、長らく來和の頂点として君臨、來和の成長、発展、成熟に極まて巨大な影響を与え続けた。しばしば來和史上最大の偉人と評される。

概要

若い頃より天才的な才覚を持っており、知性、カリスマ、風格、などに加え、史上最高ともされる対話能力を持っており、それに基づいた卓越した調整能力と、無尽蔵の体力もあって異例の若さで革命政府内で出世を重ねていった。

彼の若年ながら、その台頭はケタ・ヴィトやチャルの來和の支配の展開とほぼ同じタイミングであり、主にヴィトの執行部の書記などで頭角を表したものの、ヴィト派には属さず、チャルの執行部でも委員を務めるなど両派を問わず交遊しその勢力を増していった。また彼自身の類まれな政治・行政能力はチャル・ヴィト共に認めるところでもあった。

三巨頭体制の開始

結果両巨頭と並ぶ存在感を発揮し始め、彼の呼びかけにより非公式ながら三者会談が行われ、チャルを自治政府長官、ヴィトを評議会議長、アカーシャを事務局長とし、三者による指導体制となる三巨頭体制は開始することとなった。

三巨頭体制期には、來和は有数の高度成長をを果たすこととなり、狛子地方でも屈指の都市となることとなる。

権力の分散

ヴィトの死去、およびチャルの高齢による引退もあり、三巨頭体制は崩壊した。唯一壮年であったアカーシャは一時三職を兼任するなどし、権力の集中の危惧もあったが、間も無くアカーシャのかつて盟友であったヤン・テスキが勢力を伸長し議長に就任、またかねてより独自勢力として存在感を示していたオレーズ・ロトコ、他にも重鎮ベツル・ヨウハーピテーなどが中枢は入り権力の均衡が保たれ依然政権は安定した。

権力集中

テスキがスキャンダルにより失脚したのを機に、もはや対抗しうる存在のいなくなったアカーシャへ権力が集中、事実上アカーシャの独裁が行われた。この独裁は後年には再評価されるものの当時は反発が大きく反アカーシャおよび脱政府宣言より続いていた指導組織による独裁に対する民主化運動が起った。タキ・ストーンとケイブ・ノーウッドを中心に決済された政治結社は、のち脱政府後初の政党とみなされ。これに続き多くの政党が誕生、こういった機運の高まりと共にアカーシャは失脚、自治政府内における民主が生まれた。

復活

政党政治の開始により、また打倒の対象とされたアカーシャは失脚することとなるが、本来の天才的な情勢把握能力や、神のごとき実務能力、強力なカリスマ性、そしてその圧倒的な人気から彼は復活を果たすこととなる。以降は政党政治の中での巨大な存在として來和へ常に巨大な影響を与え続けた。