サマーン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サマーンは、メラレム第五次ベール朝の皇帝。斜陽の帝国にあって強力なリーダーシップを発揮し国家の再建に尽力したが、非業の死を遂げた。彼の死によって王朝の衰退が明白となった。

概要

若くから才気溢れ、周囲の注目を集めており、斜陽となった帝国の再建を期待されていた。 皇帝に就任すると、その期待に応えるようにその強力なリーダーシップで国政の改革を推進し、国家の立て直しを図り、その成果も出していったが、若くして最後は非業の死を遂げた。

彼の急逝もあって王朝の衰退は明白となり、最後の王朝は終焉に向かうこととなった。