サウンツ・サイドロ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

サウンツ・サイドロは、太秦の政治家である。世界で最も偉大で影響力のある政治家の一人として広く認められています。

概要

長時間の演説と、「全ての社会的要素」で知られる彼は、3人の子供のうちの1人であり、彼の父は屋根の大工でした。家族は適度に中流階級でしたが、投資の失敗によって家族は破綻しました。姉は養子に出され、妹は売りに出されました。 これのより、彼は生涯両親に反抗を示しました。

彼は姉と妹と別れたあとも交流は続き、彼の生涯に重要な影響を与えます。彼は姉によって、経済の仕事をし、その後妹の紹介で広報の仕事をすることになりましたが、これが政治家への道へとつながります。

彼の初期のキャリアでの特徴は偉大な思想家たちの紹介と実践でした。彼は素早く働き、時にはほんの数週間で成果を作り上げました。

その後、彼は同居していた愛人がかみそりで背中を刺されるまで、精力的に仕事をしていました。彼の社会主義的傾向を探求し、彼の有名な署名の関心を形作った、専門的な政治活動を行いました。

その後は「新現実」の人物として注目されました。

彼はアンエロ・ツアと同様に、古風な存在とされていましたが、国際で再発見されました。彼は世界的な巨人として辣腕を振るい、世界的に大きな影響と功績を残しました。

ライト・ブラックアンエロ・ツアとともに太秦の三大政治家と称されます。