ゴーン・スターン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゴーン・スターンとは、カーサ共和国の軍人、政治家。カーサの前期における、カーズ・ミューラーC・イールと並ぶ三偉人と称される。

概要

サンレンル出身である。建国後まもないカーサにおいて、カーサのみならず各国を縦横無尽に駆け回るなど活動的であり、また闘争心にあふれ、情熱的な姿勢はカーズ・ミューラーとは対照的なもので、カーサを大いに盛り上げた。また、明るく元気な言動や国民への対応の良さなど、国民だけでなく各国からも敬愛される人物である。

カーサ建国後、若いながら重要な役職をこなし功績を残していた。ローノシン大戦では、小隊を率いながら多くの功績をあげ、重要な役割を残した。

大戦後は、首相を務めるなど、名実ともにカーサの第一人者として活躍。大戦後のカーサ再構築における最も重要な人物となり、カーサの成長に大きな影響を与えた。

その後も、イールの引退やミューラーの衰え、また新世代の台頭にあって重鎮として、カーサの精神的支柱とされた。