ゴールド・シュクラバー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゴールド・シュクラバーは、來和の軍人、政治家である。大将と称された來和の大政治家である。

概要

來和の貧困出身であるが、事業での成功を経て政界に入った。教養はなかったが、政治・軍事・経済すべてに精通し、早くして來和の重要人物となる。”漂流者たち”による脱政府運動では彼自身も重要な役割を果たし、宣言後は急進的な漂流派に対応する形で中央政府との調整役を担う穏健派として55人組(金號派)を形成し、來和の巨大勢力の首領として革命と來和の発展に寄与した。

”漂流者たち”、ソド・シームらと並ぶ來和の歴史的における巨人である。

評価・影響

若い才能の発掘、指導、教育に熱心であり、自身の政治哲学の継承にも力を注いだ。 ソド・シームの独立宣言とその撤回以降、漂流派は徐々に衰退していくが、金號派は変わらずその勢力を維持し、後代にいたるまで來和で存在感を示し続けた。また、以降も多くの人物を輩出している。これらは彼の後進育成の成果が大きい。 また、來和だけでなく、愛流をはじめ周辺都市とも交流をしており、愛流の”華の三神童”との関わりでも有名である。