ゴードー・レイレイン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゴードー・レイレインは、十二国時代のルー国の軍師、政治家。十二国時代のルーを代表する大軍師である。その手腕は十二国でも屈指のものであったが、過度の激務が原因で若くして早逝した。十二国の十二謀の一人。

概要

ルーの名門貴族の出身であり、若い頃よりその将来を嘱望されていた。その期待通り、国政参加後は瞬く間に大功を立て、ルーの中心人物となった。この時期の彼はリオンのイアン・ナオと並んでいると評されるほどの大軍師とされた。ルーはこの頃、彼以外では目立った人物はおらず、国家の命運が彼一人にかかっているとも言っていいほどであり、彼には多大なプレッシャーがのしかかっていた。そのため、彼は軍師としてのみならずルーのあらゆる面で尽力し、国家を支えたが、そのために過度な激務となり、早逝の原因となった。

並び称されることもあったリオンのイアン・ナオに関しては、かねてより深く尊敬しており、その思考や政略はもちろん、そのしぐさまで模倣するほどの心酔ぶりだったという。