ゴハンヘ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゴハンヘは、風水士国家エイチェルの政治家、軍人。キョウゲートヴン家の内大臣、将軍。ゴウアツ家の管領。ラルカーンとともにキョウゲートヴン家、ひいてはエイチェルの全盛期を支えた史上屈指の風水士である。

概要

史上最高の風水士であるラルカーンとは同輩であり、同じくダブエイ系の出身であった。キョウゲートヴン家に仕官後、徐々に頭角を現し、ラルカーンの盟友としてその隆盛を支えることとなる。ときに史上最高の風水士、ラルカーンを

ラルカーンが、メラレム外征のためロライセイル家に拠点を移してからは、キョウゲートヴン家の内管領として内政を支え、見事その役割をこなした。

その後、彼もまた対外戦略のため、ゴウアツ家へ拠点を移した。ゴウアツ家は六言族の一つであり歴史ある貴族であるが、長らくエイチェルのお荷物ともされていたが、当初の目的と異なったが、彼が内政改革に着手、結果それまでにない隆盛を迎えることとなった。

彼はいわゆるビッグマウスであったが、しばしばそれは現実になった。そのため、数多くのゴハンヘ伝説を残す。彼の上げた功績や、その人気は他の偉大な歴史上の偉人を差し置き、ラルカーンに次ぐものとなっている。