ゴズ・エリシル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゴズ・エリシルとは、セカンドの開拓者。その名のとおりエリシル星系の由来となった人物であり、星巻エネルギーのコエトーコの創出によって星系の開拓の基盤を築いた。

概要

若年の頃より、エリシル星系のタンテイセイの開拓をはじめ、この開拓の過程においてフェーズ=ガーマ発展の基盤となる星巻エネルギー、コエトーコを創出した。コエトーコの創出はいまなお星系最大の事象とされている。

ただし、コエトーコの開発権をタンテイセイの自治政府に売り渡したことで、巨大な利益を得ることはできませんでしたが、一方でその待遇は素晴らしいものではありました。そしてコエトーコの開発、転用に参加していましたが、政府を離れたことで、彼は生活にすら苦しむこととなりました。その後復帰しますが、再び対立し、またも離れることとなり、またも生活苦に陥ります。

彼はコエトーコの海の親でありながら、その権利関係の甘さによって生涯苦しむこととなりました。

しかしながら、その事跡の偉大さは星系に行き渡っています。