コウ・ネーソン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

コウ・ネーソンは、來和の軍人、政治家、革命家である。政治結社ウナのリーダー。來和の良心と呼ばれ、ヨキ・サウスラハとともにウナを結成、ウナはダタとともに來和に新しい風を吹き込み、ズイドウズ、ダタとともに三大政党制を確立し來和の歴史に決定的な影響を与えた。穏健派として知られ、政治家としては優れたバランサーとしてみなされる一方、彼の確立した独自の政治思想は、その革新性によって來和の基盤を形成づけた。

概要

もともと來和ではなく太秦で生まれており、このときの経験から優れた政治家としてのバランス感覚を得たといわれる。その優れた感覚とさらには端正な顔立ちであり、人気を博すことへの労苦は少なかった。一方、その温厚な人柄で知られる一方、おとなしい人間性であったため、特に台頭期はヨキ・サウスラハに引っ張られる形での登場であった。

その人気の一方、その卓越したカリスマと、そして革新的な政治思想によって來和に新風を吹き込む象徴的な存在ともなった。彼はしばしばヒュマ・ペイバルクと並ぶ天才的政治家として並び評され、また親交の深さでも知られている。