ケタ・ヴィト

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ケタ・ヴィトは、來和の軍人、政治家、革命家である。來和の初代評議会議長。來和の自治承認を世界政府に認めさせ、來和の歴史に決定的な影響を与えた。”革命の革命児”と称され、チャルサマー・アカーシャとともに來和の三巨頭として、しばしば來和史上最大の偉人と評される。

概要

若い頃は無頼漢のような生活をしており、紆余曲折を経て革命組織に身を投じた。ソド・シーム亡き後、漂流派と金號派による來和の運営が行われていたが、行き詰まりもあり、それに不満を持った新しい波が起こり、その主要な人物の一人として登場した。

当初は2番手の立場であったが、次第にその知性とカリスマによってその巨大な素養を発揮し始めた。当初は過激派であり、彼のもとに集ったヴィト派は來和屈指の武闘派集団であったが、世界政府あらのアプローチもあり、接点が増えていったことで徐々に融和はに転換していった。以降は融和派として政府からも一目置かれる存在になると同時に、來和では絶対的な存在となっていき、結果來和の自治権承認という來和史上最も重要といえる歴史的事跡を達成した。

自治権承認後は、チャルの本格的な台頭もあり、対立関係となったが、サマー・アカーシャの仲介もあり來和の三巨頭体制が成立し、初代評議会議長となった。以降も來和最大の存在として君臨し、來和の発展に決定的な功績を残した。

しばしば來和史上最大の偉人と評される。