グラスマネ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

グラスマネは、是宝の宗教指導者、実業家である。是宝史上屈指の巨人の一人。その存在はサクラカと比肩し二大巨頭と称された。独自路線で巨大な存在感を長らく示し続け、その影響力はサクラカに匹敵するものとされる。

概要

論教でも特に過激な老犬派を出発点としていることは非常に有名である一方、彼が巨大な成功を収めたのはそれまでのイメージとは正反対ともいえる素朴派を想起させものであった。これについて、青年期は老犬派の影響を受けたが、幼少期の原始体験としてロクターの影響があったことが言われている。

以降は徐々に頭角を現していくと、トリチャ現象を起こし世間を席巻していたサクラカの時代において自身もトイドルを率い世間に登場した。サクラカと同じく大衆から強く支持されながら、一方そのメッセージと行動には難解な思索性をもっており、(本人は「全部テキトー」と述べている)多大な人気と影響を与えた。

結果、サクラカのライバルの筆頭とされ、サクラカもしばしばグラスマネに言及、影響を受け合いつつ、是宝の黄金時代の中心の一人として時代を彩った。