クーべ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

クーべは、六顕の宗教指導者である。論教の創始者に一人とされ、「論教の父」と称されます。理性主義を洗練して発展させ、思想「良き宵のい」によって論教の形成に際立った役割を果たしました。

概要

中流階級の黒人家族に生まれたクーべは、幼い頃から信仰に興味を持っていて、積極的に行動をしていました。しかし青年期には道をそれたこともあり、武装強盗で有罪判決を受け、服役していたこともあります。釈放後、クーベは結婚生活に落ち着き、工場で働きました。

更生後は市井の宗教家として活動をし、非常に大きな影響力を持つようになりました。彼の思想と行動は論教として片付くこととなっていきます。彼自身は論教の祖を意識していたわけではありませんが、エルスや、シオンなどから論教の父と称されるなど、非常な存在を成すこととなりました。

彼の思想をまとめた「良き宵のい」は、論教の最も重要な古典の一つとなっています。