クン・ウカリ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

クン・ウカリは、家角の政治家である。家角の市長。復興後の家角を代表する政治家であり、世界的にも多大な存在感を示した。

概要

彼女の父は会計士を経て経済学者となり、母は教師でした。親しい兄がおり、裕福な家庭に育ちました。彼女は若くして政治の道に入ると、ハリー・トリクスマとの協力を機に一気に世界的な政治家となることとなりました。彼女の登場は一種衝撃を持って迎えられ、家角復興以降の躍進を象徴する存在となりました。

間もなく市長になると、歴史的声明「隠れた虎と、伏せる龍」などを機に世界的な活動も積極的に行い、家角の象徴として世界的に存在感を示しました。この頃は世界首相を務めた家角の人物が多数輩出されますが、彼女はそれらの人物や事績と常に密接な関係にありました。

聖林への積極的な関わりもしており、彼女は市長退任後も今なお家角を代表する人物であります。

彼女は世界、特に聖林において、以下について語っています。 「隠れた虎と、伏せる龍」以降ステレオタイプな家角の女性市長としての多くの役割を求められましたが、それらは拒絶しました。私はより独創的な役割を引き受ける能力があることを知っています。だからこそ、政治家は、活動や振る舞いの部分だけでなく、私たちがどんな人間で、どんな変革を成すことができるのかを世界に示すことができたので、本当に感謝しています。