クラブ・トモーニ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

クラブ・トモーニは、ホミアの錬金術師、学術府長官である。ホミア史上屈指の偉人の一人であり、国父の一人に数えられる。ホミア史上最高の錬金術師の一人と称される。その類まれな頭脳と、早世したことも含めて、しばしばP・セーニャと比較される。

概要

農家に4人の姉を持つ末っ子として生まれる。家業の手伝いをしながら9歳頃に父の影響で学識を深め、錬金術に対して関心を深めていく。決して裕福ではなく、恵まれた環境とはいえなかったが、天性の才能によって頭角を現していった。

錬金術に関する新発見の数は、P・セーニャに超えられるまで史上最多であったといわれる。

典型的な天才であり、直感に優れ、未開拓の分野でも功績をあげられ、どんな難解な問題、課題もあっさりと解いてしまうため、「彼にかかると周りが学問が発展しない」と言わしめた。

豪快な性格の人物が多かった当時の錬金術師では珍しく朴訥でシャイな性格であった

多くの功績をあげ、なおかつ絶頂期にあったなかで、不慮の死を遂げた。その天才と偉大な功績からホミア史上屈指の偉人の一人と評されている。