クジュー・ローグラント

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

クジュー・ローグラントは、東西朝時代のシンキョウの王。サン・ローグラントを祖とするローグラント家の人物でありう。シンキョウの王位にあったローグラント家の出身として、東西朝時代の混乱のなかシンキョウを一大勢力とした人物である。

概要

トーリー・ローグラントを家祖としたローグラント家の人物として若い頃から人気があり、シンキョウの王位について以降は東西朝時代の動乱の中でシンキョウを独立勢力として成長させた。オネット2世が将軍として活躍したことともあり、かつてのトーリー・ローグラントオネット・ミフランを想起させるような状況にあった。

政治家としての評価は、シンキョウを一大勢力として確立させた点は評価されるが、一方でやや賛否両論ある人物でもある。