ギロー・アウレトルバ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ギロー・アウレトルバは、帝国時代末期、帝国後継時代の軍人。カウフの指導者として、その躍進に中心的な役割を果たした。三度の劇的な戦勝で非常によく知られている。

概要

カウフの名家に生まれる。アウレトルバ家はもともとはヨウ国の出とされるが、カウフにて名門となった。

帝国末期から崩壊後の群雄割拠の時代にあってカウフ国に参加した。さまざまな要素が重なり初陣で指揮官を務めることになるが、窮地にあった情勢にあってその勝利を呼び込む大功をあげ、その名を知らしめることとなる。

以降カウフで軍師となる。当初はその華やかなデビューと比較しなかなか功をあげられずにはいられなかったが、数年後はその才覚の見合った功績をあげていくこととなる。

すると再びマハとの戦いで歴史的勝利をあげる。この勝利は戦略史的にみても極めて異例の勝利であった。

さらにシンキョウとの戦いでまたも大勝をあげた。これらの三度の戦勝は歴史的にみても異例な勝利であり、しばしば戦略史の研究対象となっている。

これらの勝利によってカウフも勢力を拡大し、彼もその中心としてその躍進の最大の功労者となった。