キョウ・フドウ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

キョウ・フドウは、社爽の政治家、宗教指導者である。社爽の市長。社爽の歴史上屈指の偉人である。

概要

文芸的で思慮深く、教養にあふれ、また優れた理論家でもあった彼は、非常に熱心な信者をもった政治家でありました。また異邦人でもありました。

富裕なブルジョワ階級の出身であった彼は、家族は会社を経営しており、若いころはその手伝いをしていましたが、まもなく活動を始めることとなりました。またその活動と同じくして、結婚しました。

宗教家としては、当初は支持を得られないながらも評価され、そしてまもなくそれらが一致するようになっていきました。そして、彼は社爽を代表する存在となっていきます。

そして国民的な存在として君臨していましたが、若くして隠遁します。それは病気によるもので、彼は若くして死ぬこととなり、それは衝撃的なものとなりました。

評価

鋭敏な知覚は、彼をして日常から類まれな問題意識を苦も無く見いだせる革新的かつ急進的な政治家たらしめている。彼の知性溢れる言葉は、視覚的イメージを触発させやすくかつ豊富な語彙にあふれた表現で表され、それらは衝撃的であり、またシンプルでもある。宗教家の中で、ありふれた単語を並べただけの中に斬新さと芳醇さをもたらす能力において、彼と比肩する者を探し出すことは難しい。