ガープ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ガープは、アーハの族長であり、アヴァの王。新興民族であるアーハの族長として、それまで対立を繰り広げていたアヴァとの融和に努め、アーハ人の勢力のアヴァの国家参入を認めさせ、自身はラブラザの王となった。また、軍人・騎士としても革新的な戦術や兵法を生み出し実践するなどし、さまざまな面において後代に多大な影響を与えた。

概要

幼年期は必ずしも将来を嘱望されていたわけではなく、平凡な存在であったという。ただし、これは当時の風習が肌に合っていなかったことが原因であったという。青年期にはいると風習から解き放たれたことで瞬く間にその才を花開かせた。すでにこの頃アーハとアヴァの対立関係は泥仕合の様相を呈しており、アーハの民もアヴァの民も長引く戦乱にすでに疲弊しきっていた。

多くの戦功を挙げた彼は、若くしてアーハでも屈指の存在となることとなった。 彼がさらに飛躍するのは、アーハ屈指の大都市アミへ渡ってからで、これ以降彼はアーハ史上でも最高の存在となるまでになり、族長となってからはアーハとアヴァの融和に努め、アーハ人の勢力のアヴァの国家参入を認めさせ、長らく戦乱の終結させる偉業を達成した。

彼自身はラブラザの初代王となった。その後も黒魔術勢力との争いに尽力するなど、アヴァ全土の発展に努め、その低迷からの脱出に多大な影響を与えた。

人柄

その功績や能力だけでなく、大変な人格者として知られ、敵対していた頃のアヴァの諸侯や民からも崇敬されるほどであった。彼だからこそ、民族融和という偉業を成すことができたと評される。