カーズ・ミューラー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索
カーズ・ミューラー.jpg

カーズ・ミューラーとは、カーサ共和国の初代首相。通称”キング・カーズ”。カーサの国家建設、発展の立役者であり、いまなお国父と称され国民からは多大な尊敬を集めている。

概要

サイレンル出身である。若い頃は栄達をめざし、海外に遊学し知慮を固めた。以外にも、モース時代はそれほど優れた才覚を持っていたわけではなかったが、その意志の強さは非凡なところがあったという。その英才ぶりは遊学先よりモースにも伝わっており、国家成立の機運の高まっていたモースのカーサの文化圏において大いに期待された。

周囲の期待の中でモースの地に帰ると、その評判にたがわぬ先進的な思想や経験から活躍し、見事カーサ共和国成立に大きく貢献し、自身は初代首相となった。以降は国力は発展に大きく貢献し、カーサは一気に強国になった。