カルスラゲトク

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

カルスラゲトクとは、ルーファンの政治家。国立科学情報技術局局長。シアル=アルナー派の最盛期を築いた大政治家。しばしば、ルーファン史上最も偉大な人物と評されるが、これは数多くの改革に成功しルーファンの黄金時代を築いたことと、「カルスラの魔法」と称される経済成長を実現したことによる。

概要

一人っ子として生まれた。決してエリートコースではなく、幼少期はむしろ竜騎士の素養のほうが高かったという逸話がある。

成人後も政治家は目指していなかったが、不思議な経緯から政治家となることとなった。政治家としても当初は全く期待されていなかったが、一方での知性から、彼の才覚を見抜くものもいた。

徐々に評判をあげていくと、政変もあって彼が局長になることとなった。これは晴天の霹靂といえるほどのものでもあったが、局長となると彼は次々に改革を進めていくこととなる。 彼が局長であった時代はまさに伝説の時代ともいえ、多くのドラマやその経済成長なども含め、しばしばルーファンの黄金時代とも評される。


政治家として引退をしたときの言葉は、「夢から醒める時が来た。」であった。