カヒミ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

カヒミとは、アヴァの政治家、革命家。三方連立幹事長であり、アヴァ連合の最高指導者。アヴァ史上最高の政治家の一人であり、ユアシャーレ以降のアヴァにおいて、最大の衝撃と革命を起こした人物でり、アヴァ史上最高の偉人の一人である。

概要

地方政治家の家系であったが、名門というわけでもなく、彼は政治のキャリアに入ったのは家系によりなし崩し的なものであった。彼自身も、また周りも彼の政治家としての病弱であったこともあり、資質、素養には期待をしていなかった。アヴァにおいては、中央政界に入るためには軍人としての経験が必須であり、どんな名門のものでも、若年期の軍事経験は必須とされ、事実上名義のみの軍事参加なども頻繁に行われていたが、彼はその経験すらなく、またそれを周囲も彼も求めることもなかった。

キャリア初めの頃は、体調やモチベーションの問題もあり、さほど実績を残すことはできなかった。しかしながら、政治家としてのキャリアを積むうちにその卓越した外交能力、経済能力が開花していき、また彼自身も強い使命感を持つようになっていった。しかしながら、軍歴のない彼は中央政界への進出をすることはできなかった。

そのような状況にあったが、彼は地方政治において脅威の実績を上げ続け、彼の拠点キンステットは歴史上稀に見る成長を遂げるようになる。そうしてキンステットの長として君臨すると、その影響力はアヴァ全土に及ぶほどになった。さらに彼は各地方と強固な関係を結び、結果キンステットと各地方、そしてついには中央政界との独自の権力構造を構成し、アヴァ史上の革命である三方連立を成立、その幹事長となった。

彼は大統領をも上回る権力を得ることとなり、ここにユアシャーレ以上続いていたアヴァの大統領制は変革され、新たな政治形態を確立することとなった。