カノン・ビーチャール

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

カノン・ビーチャールは、ピュレムの軍人、政治家。マンユの君主。しばしばピュレム史上最高の偉人の一人と評される。

概要

名門の家系に生まれ、また才も豊かで幼少期、青年期は順風満帆であった。しかしながら、仕官後間もない頃にムンへの惨劇という歴史上でも屈指の災害に見舞われ、ピュレム、特にマンユは壊滅状態となり、さらにその後は他国に大幅に侵略され、国力は減退、彼も多くの友人や家族を失った。

この時の衝撃はかなりのもので、彼自身立ち直るのにかなりの時間を費やしたが、以降は立ち直り、国家再建に努めた。結果国家は大幅に回復、それどころかビーチャールの良政によって国家はそれまで以上の国力を有すようになった。

その後王権と接近し王位を得て功績を残すと、退位後にはピュレムはさらに充実、そしてついにかつてピュレムを侵略したデスブーンを破り東方の覇権国家となった。

苛烈な前半生もあってか、非常に冷静沈着で真面目な人柄であった。その生涯から、いまなおピュレムの民衆から非常に尊敬されている。