オービン大火

提供: rain-tree
移動先: 案内検索
アリアリア
ariaria.jpg
世界 アリアリア
ジャンル ファンタジー
ルール トーク: アリアリアを参照
Imaginarypedia

オービン大火とは勇者ラカン一行がルークビルにて最初に遭遇した事件。

内容

新天地に降り立った勇者一行が最初に目にしたのは、燃え盛る港町であった。魔王軍のはぐれ者パンフラによる「終わらない炎」が原因であり、その鎮火のために勇者一行は海賊ティガンより授かった、「淀んだ鱗」の効力によってなんとか鎮火に成功し、住民たちの信望を集めた。

史的考察

ラカンたちが新太陸にて存在感を示す事件となる。降り立ってすぐに起こったこの事件は、災害でありながらそのきらびやかな炎の描写によって勇者一行の新大陸での華々しい活躍を示すメタファーとしての役割を果たしているともされている。

この事件は、魔族であるパンフラが原因とされているが、実際は住民による放火の説が最も高いといわれている。これは人種差別に根差した迫害が背景にあるとされる。そまたオービンは港町でありながら、風向の関係で空気が乾燥しているという特殊な気候にあり、火が燃え上がりやすい土地であったとされる。勇者一行の鎮火は、実際はこの差別問題の一種の解決を指しているとも研究、考察されている。

この大火とこれに繋がるオービンへの魔王軍侵攻が勇者一行が新大陸での名声と、魔王軍への本格的な争いに繋がっていく。

関連項目