オーキー・ノトカイガー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オーキー・ノトカイガーは、火歩の軍人、政治家、宗教指導者である。火歩、及び裸教の歴史上最も影響力のあった指導者の一人である。彼の独特ののんびりとした活動で知られるようになり、声明のしばしば厳しい内容を相殺しました。思想、声明はしばしば半自伝的であり、苦難と犯罪性だけでなく、堕落と祝福についても語っていました。

概要

無頼な生活を送ってきた彼は、社会に出現したときすでに、高い注目を集めました。彼の最初の声明は、彼を裸教の中心人物とするに足るものでした。

しかし、裸教、火歩の激しい内部抗争の中で彼は命を落としました。彼とニー・ケースは火歩史上を象徴するライバル関係であると同時にその悲劇の象徴的存在でもあります。

思想

「厚くて気難しい不平」と表現した深い詩情で知られました。これは死後の世界でさらに深くなりました。彼のスタイルは「彼自身の素材を祝福するために、クールで、鼻で、フィルタリングされている」と説明されていました。

また彼は首長を紙に書き留めるのではなく、頭の中で展開することで知られていました。そのため彼の思想の直筆のものは残っていません。

多くの裸教史上において重要な声明を残した彼は、世界の宗教史上における重要人物と評されています。