オルオード・ディレカンプ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オルオード・ディレカンプは、聖林の政治家である。聖林市長。炎天史を代表する重要な人物の一人とみなされている。稀代のスター政治家として登場し、世界中を魅了しながら、経歴と共に正規の辣腕も発揮し、世界の中心としての聖林の象徴であり最大の人物として「聖林の王」と称された。

概要

彼は若い頃よりカリスマと深い思弁性を持った人物であったが、主に「沈む船」運動において、その端正で華やかなスター性に注目が集まった。彼は、その能力以上にアイドルとしての側面が強かった。それは彼を世界的な存在とし、なお世界的な影響を与ふるに十分なものであったが、一方でその虚像は彼を苦しめることにもなった。

そのアイドルとしての側面から抜け出すことに彼は早い段階で取り掛かり、多くの世界的大物とタッグを組むなども行ったが、あまりのそれまでの成功によってなかなかその脱却は難しかった。

しかし、着実に功績を上げていき、結果彼は名実ともに歴史上最高の政治家と評されるほどの存在となるまでなっていった。