オリトロール・トーデン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オリトロール・トーデンは、三国時代のミナハラ国の政治家、軍人。後期のミナハラ国を支えた人物である。名軍師として活躍し、ミハラ三傑を擁するミハラ国やアンスロ・セギル擁するツルヒル国と互角に渡り合い、ミナハラ国を支えた。

概要

若いころは教養ある英才として知られ、学問に力を入れていたため、士官は遅れた。ただし、軍師としての素養は見せており、本人もその気はあったが、度重なる不運もあり立身は遅れることとなる。

士官後まもなく、彼は台頭することとなる。もともと教養深く頭脳も明晰であり、若くして軍師として必要な素養を備えていた彼は、ミナハラ国の正軍師となるのは必然ともいえた。当時のミナハラは、ミハラ三傑を擁するミハラ国やアンスロ・セギル擁するツルヒル国の強盛に後塵を拝しており、彼はその状況を支えるに足る人物であった。

一方、悲運の人物としても知られ、彼個人はミハラのトゥシィ・ナオやツルヒルのアンスロ・セギルに匹敵するとされたが、国力の差で一歩及ばないことが多かった。また、彼の早世がきっかけでミナハラ国の分裂が早まったともされている。

子孫はトーデン朝の王家になったことでも非常によく知られている。