オバール・ビウンド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オバール・ビウンドとは、ネヤ=パラッサ大公国を構成する都市及び都市圏である。

概要

オバール・ビウンドはネヤ=パラッサの都市で、そのなかでも最古の都市とされている。。特にその純血主義、民族至上主義の都市として知られている。チャグムらと同じく、またそれ以上に、もともと単一民族による独立都市国家であったことから、今なお非常に強い独立意識を持っている。そのため、同地の市民権は、ビウンド人の血筋を持つものしか持つことができない。かつては血筋だけでなく、両親が純ビウンド人でなければならないというほど徹底した者であったが、今日ではビウンド系か、もしくはビウンドで育っているなどの部分が要件となっており緩和されている。

一方、必ずしも排他的というわけではなく、観光にも力をいれているなどの側面もある。

このように強い民族意識を持つ都市である一方、もともとピュレム人及びピュレム帰りの若者など、ピュレム人関係者が中心になって建設されたとされる。