オネット3世

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オネット3世は、三帝一雄時代のシンキョウの政治家、王。オネット・ミフランの傍系の子孫であるオネット3世系統の子孫である。三帝一雄時代のシンキョウ国の王であり、シンキョウの核となる人物であったが、後世では国民的ヒロインであるヨヨ・ヴァース暗殺の黒幕という悪名で非常に知られる人物である。

概要

オネット・ミフランの末裔として高名なオネット3世の正統な子孫である。毀誉褒貶あるものの、基本的には有能な人物であり、彼はシンキョウ王位につくこととなった。この際、偉大な先祖にならってオネット3世と称した。

王となってからの手腕は基本的に批判されており、非常に頑固な人物であったとされる。ただしこれは周囲が彼の才覚についていけなかったためではないが、という指摘もある。実際その有能さを示す事実はいくつかあるが、どのみち自身と周囲の考えを折衷する柔軟さはなかったとされる。

彼が実際以上にその悪名で知られるようになるのは、ノヴァール王国連合の将軍で国家創建の英雄であったヨヨ・ヴァースの暗殺に関与したといいう疑いで、これは基本的に事実とされている。

ヨヨが後世で一層神格化されるにつれ、彼のイメージが一層悪いものとなっていくが、近年では再研究も進んでいる。