オウ・ナキン・ギュウザン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

オウ・ナキン・ギュウザンは、梵林の軍人、政治家である。梵林市長。キングと称されるほどの梵林を代表する偉人である。エーシー・ギュウザンモンキマン・ギュウザンとともに3大ギュウザンと称される。

概要

裕福な家庭に生まれた彼は、恵まれた環境に育ちました。学生時代には学業優秀、スポーツヒーローであり優秀な学生として表彰されている。特にスポーツに関してはプロを目指していたほど。政治家となり、地域の議員として順調な活躍をしました。

その後、世界的にはアンチヒーロー、反逆児として知られることとなりました。それらは、本来の彼の個性とは違うものでしたが、それらは社会に衝撃と、支持と、議論を起こしました。

その後は本来の彼に近い、紳士的な役割のうえで政治家としてふるまうようになり、その地位を確固たるものとなりました。

彼は大変な人気を誇り、常に高い注目を集めており、様々な媒体からキングと評されます。