エントー・カタキト

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エントー・カタキトは、社爽の政治家、宗教指導者である。

概要

社爽の人物ではあるが、彼自身は出身、拠点共に社爽の離拠点で主に活動した人物である。そこを拠点に弓分地方全般で支持された。

彼は『愛の優しい庭師』」と言い、「彼は信仰であり、思想であり、振動」であると語っている。

来歴

エントーの父は、鉱山で炭鉱労働者として働きました。4か月後、妻のコンセッタとその息子のエントーが、彼に加わりました。

幼少時、病気で1年間寝たきりになりました

エントーの両親は息子が鉱夫になることを望んでいなかったので、彼は神学校に通いました。家族には全体で7人の子供がいました。エントー学校で熱心な学生であり、政治と宗教で卓越していました。

その後、まもなくその思想に卓越したところ、彼の星を信じる羊飼いのように、彼の父は素晴らしいアイデアを持っていました。それは彼の思想を録音し配信することで、それは大成功をおさめ、彼のキャリアを決定づけることとなりました。このように彼の成功は父の役割が非常に大きかったですが、その父はなくなってしまい、完全に取り乱しましたが、私生活では、まだ未成年である多くの兄弟姉妹と一緒に母親と一緒に責任を負わなければらず、物質的なレベルでは、彼は想定することができましたが、彼は父親の権威を持っておらず、彼の兄弟姉妹は少し自分自身に専念していたと考えていました。

結果彼は以降立ち直り、見事な成功を残していくこととなります。彼の思想は社爽のみならず、世界的に多大な影響を与えることとなりました。