エレアタ・ハタ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エレアタ・ハタは、來和の軍人、政治家、革命家である。政治結社ダタのメンバー。ヒュマ・ペイバルクとともにダタを結成、來和最大の政党となり、來和の政党政治を確立した。來和の剛腕と呼ばれ、ペイバルクとともに來和史上最大の巨人の一人と評される。

概要

貧しい家庭に生まれ、苛烈な少年期を齟齬した。幼馴染のヒュマ・ペイバルクを誘い、來和初の養成機関の一期生となった。彼らの存在もあって、のちに來和の養成制度が確立することとなった。

來和最高の天才と評されたペイバルクに対し、そのペイバルクと並び立つため不断の努力を行い、稀にみる努力家と評された。政局を読むことに対してはかのサマー・アカーシャに次ぐものとされ、ダタの台頭時には強烈で大胆な体制批判を行うとともに、ダタの革命的な政策を広めることでアカーシャを打倒し、來和の最大勢力となることの最大の原動力となった。

政策、手腕に革新的なものをもったペイバルクに対し、彼は実務能力、統治能力、調整能力、行政能力、経済感覚といった行政家として能力は來和史上屈指のものであり'來和の剛腕と称された。

以降ダタは史上、三巨頭らに匹敵する存在として勢力を拡大し、ズイドウズの台頭後まもなく、來和の巨大勢力としてサマー・アカーシャの一強体制を打破した。以降はズイドウズ、ダタ、ウナの三勢力による來和支配がはじまり、そのなかでもダタは最も王道かつ大きな影響を与える存在として來和を席巻、そのハタは來和史上の巨人として、常に頂点に君臨した。


その影響の巨大さは、來和の黄金期の中核を成し、なおかつ後代への影響も極めて巨大であった。彼と盟友ヒュマ・ペイバルクは來和史上の大きな足跡を残した。