エマーズ・スス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エマーズ・ススとは、セカンドの開拓者、開発者。モスターチャの開発者であり、世界初の新空間区画技術の画期となった「巨像人承」を開発で革新を起こした。さらに、失敗したものの世界初と称される最大自由広域技術の先駆をなす「MD」も生み出した。

概要

学生の頃から、新空間区画技術を志向しており疑似技術を用いた開発を行っていた。この志向は一貫しており、疑似技術でも多くの成果を上げたが、開発技術の向上により本格的に飛躍した。

それによって生み出された「巨像人承」は世界に大きな衝撃をあたえることになり、その衝撃はセカンド中に行き渡った。 以降も新空間区画を生かした開発を行い、モスターチャの雄となった。

その功績により「MD」の開発を始める。MDは当時フェーズ=ゲム史上最大の費用をかけて開発されたが、技術、構想が当時でも及ばず、当時のフェーズ=ゲム史上最大の失敗となる。その結果、ススは失脚し、以降は冷遇されることとなった。

しかしながら「MD」は以後のフェーズ=ゲムを支配する「最大自由広域」の先駆とみなされ、後代には多大な影響を与えることとなり、ほかのフェーズからも多くの賞賛を受けた。