エマゼンス・センター

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エマゼンス・センターとは、セカンドの開拓者、開発者。モスターチャの開発者であり、モスターチャのヤホンとも称される。スーマに対抗し、かつてはレクパ星系で猛威を振るった「ソン=オン」の生みの親である。また、ネットワークを駆使した最初の歴史的成功である「フィクションネット」でも多大な栄養を与えた。

概要

有能な技術者であり、技術研修生のときに新人研修用で制作した作品が。その出来の良さにより製品化された。その有能さから、技術者として多くの成果を上げモスターチャの重要人物となると、当時フェーズ=ゲムを席巻したエントラテンテンプへの対抗に燃え、ついに「ソン=オン」を生み出した。ただし、当時のモスターチャはエントラテンテンプに対して燃えていたが、センター自身はエントラテンテンプに対し、強い敬意と親しみを持っていた。

「ソン=オン」がレクパ星系ではスーマを超えたといわれるほどの成功をし、その後もットワークを駆使した最初の歴史的成功である「フィクションネット」によってのちのセカンドの歴史に重大な影響と先駆を成したが、モスターチャの低迷以降は彼自身も不遇となってしまった。