エクセロ・ショランド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エクセロ・ショランドとは、セカンドの開発者。スウェールモブの開発者であり、スーマ星系を代表する偉人の一人である。映画に影響を受けた、最新技術の活用と、類まれな独自の発想、展開術でレクパ星系の発展後もフェーズ=ゲム最大の開発者として君臨した。

概要

彼は 3 人の子供の末っ子でした。彼の父、は頻繁に出張する薬剤師であり、彼が会った医者の間で最も一般的な名前にちなんでエクセロと名付けた。両親は毎晩家族で一緒に映画を見るという伝統を始め、彼は映画が終わるまで寝ることを許されなかった。彼らは芸術映画、冒険劇、ホラーが好きで、彼が見ることのできる映画の種類を制限しませんでした。

映画の道を志していた彼は、その幅広い工学知識の影響から、開発者となることとなった。技術者ではなかった彼は、有望な仕事をあてがわれることがなかったが、結果彼は早々に結果を出すこととなります。そしてこのとき生んだのが「ナチュラルクラッチ」であった。

彼はニッチな成功を収めたが、一方ニッチな分野に適正があるともみなされたため、分野は拡大したが、大成功とは無縁であったが、評価と影響は上げ続けた。

結果、フェーズ=ゲムの開発が大規模化する際にスウェールモブの筆頭として事業を任され、そのさいに「ナチュラルクラッチコタイ」を生み、そしてそれはフェーズ=ゲム最高の開発の一つとなった。

以降はナチュラルクラッチコタイの発展と進化によってレクパ星系の発展に押されは始めたスーマ星系において、星系を超えた成功と影響を与え続けた。