エイチェルの歴史

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

エイチェルの歴史ではエイチェルならびエイチェル文化圏の歴史について述べる。ハクワサの四大国のひとつである。世界最古とも最長ともいわれる王統を持ち、王家のレプタンスは今日でも国号に含まれいるが、かつてはそれ自体が国号であった。

レプタンス家

エイチェルの王家であるレプタンス家の歴史は、エイチェルという国家それ自体よりもさらに古い歴史を持っており、ハクワサ最古の史料においてすでにその存在が記述されており、さえにその内容は太古の歴史をもつレプタンスとされている。この頃のレプタンスは必ずしもエイチェルではなく他の地域にて活動していたのではないかとも考えられている。

神話上は、レプタンスは神の落し子であるとされている。

国家以前

古代のエイチェルは、各地で豪族たちが争っていた時代であったとされる。神話と歴史の入り混じった時代であるとされ、多くの神話的物語が残される一方、多くの考古学的史料も見つかっている。有力豪族たちが同盟を組み、それらの同盟の象徴として、すでに伝説的な名門をなしていたレプタンス家が王として迎えられることで国家としてのエイチェルが成立したとされる。国家名はその後、王家であるレプタンスの名を号する場合、地域名であるエイチェルを号する場合を繰り返すまたはその両方を号する場合などが繰り返される。

エイチェルの勃興と初期

エイチェル成立後は有力な各一門によって政治が行われることとなる。エイチェル成立時より王家レプタンス家は実権を持たない王権であり、王家を象徴、または国家の中心として周囲が実権を持って政治を主導するのが今日に至るまでエイチェルの伝統となった。

エイチェルの大貴族としてのちの歴史を先導したゲートバーズ=ベーテ家とトキロ家(この時期はクリフト家)はこの時すでに登場しており、今日まで続く超名門となった。一方で、この時代に強盛にあったギーン家はその没落し歴史からその名を消したほか、他の一門も姿を消した。

様々な動静がありつつも、エイチェルはメラレムの大王ベールによる侵攻に耐えるなどハクワサ屈指の強国になっていた。

人物

レプタンスの皇帝就任と六言族

一時国力が弱まりエイチェルは国家的危機を迎えるが、当時の有力貴族たちはお互い争うことをやめて協力しあい、国難を耐えた。これを機にレプタンス家は王ではなく皇帝を称するようになる。これは他国への牽制の意味もあったが、国難を越えて新時代を迎えるという国家的意思もあった。

また、この時期国家を支えたゲートバーズ=ベーテ家、トキロ家、リダトン家、デロト家、ファイシカ家、ゴウアツ家は大貴族として長らく互いに争い時に協力しながらエイチェルの国政を担っていくことになる。また、この六家は消えることなく今日にまでその栄華を続けることとなり、歴史的にも、現代的にも六言族と称されエイチェルにおいて特別な存在となっている。

なかでもゲートバーズ=ベーテ家は500年の長期政権を担ったことをはじめしばしば大政権をなし、エイチェルはレプタンスではなくゲートバーズ=ベーテのものだとさえ言われることもあった。

人物

国家の発展と六角族

エイチェルは国家の発展に伴い、国土や文化圏の拡張は進んだが、長らく六言族による政治が続いていた。しかしながらこの頃には六言族に匹敵する一門も登場するなど社会は変革しており、ついに六言族以外のものが政治に参加することになる。このとき政治に新たに参加したのが、ロライセイル家、ヒヒアデルラ家、ピキナチョ家、セールイ家、ソーキスタ家、ブルック家であり、これらは六角族と称される。このうちブルック家は消え、ソーキスタ家はいったん没落したのち復活という経緯はたどったものの、基本的にはいくつもが現在でも続いており、名門となっている。

しかしながら、六角族は六言族の優遇や圧力を直に受けたこともあり、かならずしも栄光に満ちた歴史を描けたわけではなく、苦難の道を歩むこととなった。一方で、六角族以降は国家に柔軟性が現れ、六角族よりもそれ以降国家に登場した一門が新たな時代を作ることとなった。

人物

ダブエイ人との融和とラルカーンの登場

六角族以後、エイチェル史上において極めて大きな転換といえる、ダブエイ人が登場する。ダブエイ人と当時のエイチェルは当初争ったが、融和の道えお進むこととなる。これは六角族の登場以降、エイチェルは国家として柔軟性をみせるようななったためであるといえ、以降も有力な新貴族が登場する下地になった。それでも当初は最大貴族ゲートバーズ=ベーテ家の時代が続くが、その後、新興家門であったオアプール家が政権を握り新たな時代が見られるようになった。そして、こののちエイチェル史上最大の人物であるラルカーンが登場する。ラルカーンは、過去、未来を通してエイチェル史上でも突出した傑物とみなされている。またこの時期彼の家門であったキョウゲートヴン家が政権を握った。

人物

ラルカーン以降

人物