ウィスダン・ライヒプ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ウィスダン・ライヒプとは、セカンドの開発者。エントラテンテンプのの衛星「ゲムジュウク」の開発者であり、スーマと並ぶフェーズ=ゲム最大の開発である「ソナーモンスター」の生みの親である。

概要

少年時代は自然豊かな惑星で過ごし、動物などの生き物が大好きで、生物博士と言われていた。

またほかのフェーズからも影響を受けており、当初はフェーズ=ドガでの生活を考えていた。しかしながら、故郷の惑星には気候変動によって自然が破壊され生活も難しくなったが、そこで最新の惑星開発技術が行われ、難を逃れた。それを機に開発者を目指すようになった。

技術者を目指しながら開発情報誌を創刊し、それによって人脈を広げ、ゲムジュウクを開拓した。そして、ゲムジュウクの開拓後まもなく「ソナーモンスター」の開発を始めた。

ソナーモンスターの開発は難産であり、なおかつ当初は評価や注目度も低かったが、次第に成果と影響を広げていき、その影響はスーマ以上と称されるほどすさまじいものとなり、セカンドの歴史に重大な存在となった。