アーチャエイ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アーチャエイは、是宝の宗教指導者、実業家である。是宝で論教を定着させた人物とされ、独立独歩のステータスの確立という点において、アーチャエイは是宝の論教系社会の開祖的存在である。

概要

幼少時、母親はアーチャエイが3歳の時、夫と息子を捨てて蒸発。父とは9歳で死別した。このため幼少期は親戚中をたらい回しにされ、その後は父方の祖母に育てられ、極貧の少年時代を過ごした。この頃、近所の裕福な家の子供に「お前の家は貧乏でケーキなんか買えないだろう」とケーキの一部を顔に投げつけられるなどのいじめを体験した。このような経験が積み重なり信仰への思いが芽生えたとされている。

その後青年期に四聖業起と出会い、論教に目覚めて旅立つ。生活は苦しかったが、是宝での論教の布教に努めた。しかしなかなかうまくいかなかったが、同志と出会い「聖歌隊」を結成し、一気に論教を普及させることとなる。

数年後に聖歌隊は解派するが、独立後アーチャエイはより巨大な存在となり、是宝社会を席巻した。