アンエロ・ツア

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アンエロ・ツアは、太秦の政治家である。世界で最も偉大で影響力のある政治家の一人として広く認められているツアの功績は、後代でも絶賛され続けています。

概要

裕福な家庭に生まれた彼は、若い頃は教師を務めていた。

その後、周囲には秘密で政治活動を開始した。彼は当初より非凡な素養を見せており、まもなく議員となりました。彼は当時はさほど重要視されていなかった公衆衛生に力を注ぎ、功績を上げていきました。また、このころより、彼の政治姿勢の特徴である、庶民視点の政策が発揮されていました。

その後、彼は社会保障や福祉などに力を入れていきますが、これは世界的にも極めて大きな功績よなるものでありました。 彼はこの時期、太秦における巨人としての地位を確立しています。

しかし晩年は、彼は太秦において古い存在として批判されることになります。ただし、その死後、彼の政策の先進さ、偉大さが世界に改めて発見され、彼は世界で最も偉大で影響力のある政治家の一人として広く認められることとなりました。